2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルトケの法則

モルトケの法則というのを聞いた。

「人材の「能力」と「意欲」という2つの要素を、
それぞれ「高い」「低い」で分けると、4つのパターンに分類されます。

その4つ人物タイプを、モルトケは
以下の「優先順番」で登用すべきだと唱えたのです。

【1位】能力(高)・意欲(低) ・・能力は高いが意欲は低い人物
【2位】能力(低)・意欲(低) ・・能力も意欲も低い人物
【3位】能力(高)・意欲(高) ・・能力も意欲も高い人物
【4位】能力(低)・意欲(高) ・・能力は低いが意欲は高い人物

つまり、こういうことです。
この順位を逆から見ていくと、

【4位】能力は低いが意欲は高い人物。このパターンが、
もっとも駄目になる。意欲だけが空回りし、暴走しかねない。

【3位】能力も意欲も高い人物。これが一番良いように思えるが、
このタイプは、いざというときに、上司との対立を起こしやすく相応しくない。

【2位】能力も意欲も低い人物。このパターンは扱いやすい。

【1位】能力は高いが意欲は低い人物。上司に従順に従い、
かつ、確実に業務を遂行する。この人間がもっとも組織に必要である。」

確か、船井幸雄さんも25年前の講演会で同じようなこと言っていた。

船井さんは4位を「頭が悪くて、よく動く人間」という言い方をしてた。
軍隊に例えると、「みんなが隠れてるとき、一人飛び出たら、軍隊が全滅する。」

4位の人間は雇わないほうが良いと。
わが社に4位の人間がいるという意味ではないので、誤解されぬよう。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

archome

Author:archome
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。