2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤忠雄

日経新聞 私の履歴書 今月は安藤忠雄

①建築家の仕事

私の仕事をみて、「好きなことをやってお金がもらえるからいいですね。」などと言う人がいる。他人のカネで自分のつくりたいものをつくる、うらやましい仕事にみえるらしい。しかし実際は、常に「現実」と渡り合う、一に調整、二にも三にも調整という地味な仕事である。、、、、、、

要望を聞けばどんな豪邸を建てるのかと思ってしまうが、予算を聞くとその半分でも実現が難しいケースがほとんどだ。夢と現実の隔たりを依頼主はなかなか理解してくれない。、、、、、、、、、

様々の問題をクリアしてやっと計画が固まりだしたら、今度は施工会社と工事費をめぐってぎりぎりまで折衝に次ぐ折衝。そして建物が完成したら、待っているのは依頼主からのクレームだ。、、、、、、、、、、、

1年間は一歩も外にでないくらいの覚悟で本を読むと決めて、やり遂げた。、、、、、


私の歩んできた道は、模範というには程遠い。が、この一風変わった歩みが、若い人を少しでも勇気づける材料となれば幸いである。

②予期せぬこと

、、、これから先も何が起きるか分からない。だからこそ、一日一日を全力で生きていきたい。

③中学校の先生

、、、、、熱心な大工と数学の杉本先生に出会わなかったら、建築の仕事にたずさわることもなかったと思う。

④母の生家へ養子

、、、、「忠雄も建築で食べていける」。祖母はそう確信して旅立ったのかもしれない。

今日で4日目 今月一月読むのが楽しみだ。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

archome

Author:archome
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。