2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大高正人

今の大学では、どんな建築家が話題になってるのだろう?
学生は、どんな建築家に興味を持ってるのだろう?

今の建築家はどんなグループが建築に対してどんな挑戦をしてるのだろう?


幸い私が、高校の時は、東京オリンピック。大学に入ってからは、万博。

建築学科はブームだった。

当時、ある週刊誌で「理想の男性は?タートルネックの似合うコールテン(今はコーデュロイ?)のズボンをはいた建築家」という記事まで載った。



28日の日経新聞にも、徳島新聞にも訃報欄に、

大高正人(おおたか・まさと=建築家)
8月20日、老衰のため死去、86歳。

千葉県文化会館、栃木県議会棟庁舎などを設計した。1960年代に黒川紀章氏らと前衛的なデザインを目指す建築運動「メタボリズム・グループ」で活動したことでも知られる。

私の記憶では、坂出人工土地広島基町再開発

わが社の面接で知ってる建築家は?、という質問に対して上がる名前は、安藤忠雄一人。

ちょっと寂しい。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

archome

Author:archome
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。