2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築家と建てる家

見積が入った。34.4坪の木造住宅。
意匠図33枚、構造図3枚水道図5枚電気図3枚 総枚数44枚
また、ややこしい建物。

木造住宅1軒するのにだいたい30業者は関係する。
1職種最低2社見積を基本にしてるので60業者位に見積依頼をだすことになる。
図面のコピー枚数だって馬鹿にならない。
100728_1741~0001

見積もり工程は3日位監督はすみからすみまで図面見て、業者に配布。業者は5日くらいで見積出してもらって内容チェックしたり、最終入力だけでも1日では難しい。

一つの物件で見積だんかいで何人のひとが延べ何時間費やしているかその労力も大変なものだ。

板金屋さんが来た。「お宅の建物は、よその5倍10倍手間がかかる。」板金屋さんでもすべての職人さんが図面がよめて数量を拾えるわけではない。

左官屋さんが来た。左官屋さんの40以下の人にあったことがない。建築現場が工期とか、現場の整理整頓で湿式工法をできるだけ排除してきた。
ここにきて建築家さん。ペンキでもなくタイルでもなく左官の人間が出すこての表情を楽しみにしはじめた。
でもその時には、左官屋さんはいなくなっている。

建築家との家づくりどの工務店も好き好んではやらないようだ。やりたくないようだ。

監督も労力は大変だ。勉強しなければならないことが多すぎる。

どの監督もある時期すぎると、いろんな建築家さんの仕事ができて仕事はおもしろいと言い始める。

論田の片隅にアークホームという妙な会社があって、建築家さんの仕事を好んでやっている。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

archome

Author:archome
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。