2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄骨上棟

今日は、鉄骨上棟。
鉄骨屋さんは大きな鉄骨も、小さな鉄骨もレッカーで1回吊ったら終わりだけれど、総重量いくらということで、見積をする。今回の鉄骨は16トン。
岐阜十六銀行本店の現場では、鉄が1500トン。柱1本13トン。

P1010693.jpg P1010695.jpg P1010697.jpg P1010712.jpg

鉄団子
昔は、饅頭モルタルをしてたけれど、今はこれくらいの鉄骨だと鉄団子。レベル精度もよく出るし、準備も簡単。
鉄骨の建起こしをし、本締めしたあとで、ベースプレート下には、普通のモルタルでなく無収縮モルタルを詰める。
P1010696.jpg P1010700.jpg


スタンション
町屋仕事という言い方も変かもしれないが。安全は仕事をも優先する。このたびは仮設でスタンションとネット張り。
P1010698.jpg P1010713.jpg

ラフター
レッカーもトラッククレーができてから、便利になった。昔だと車の運転席と、レッカーの運転席といちいち乗り換えなければいけないし、車体も長かった。表示は4.9トン。5トン以上になると免許がいるが、5トン未満は講習会でいける。実際は5トン以上吊れるのだが、、、、。レッカーもひっくり返るのは簡単。
過去に現場トヨタ田原工場の現場で、25トンレッカーがベニヤ2枚吊っててブームをねかし過ぎてひっくり返った。ブームの下には人が入らないこと。足元が浮いてないかどうか注意しておかなければいけないのだが、最近はなんでもコンピューターで知らせてくれるようだ。
P1010701.jpg P1010702.jpg
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

archome

Author:archome
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。