2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師を育てるのは、患者。

ある会合?隣の席が、お医者さん。
「若い医師を育てるのは、院長でも、先輩でもない。患者さん。」その話を聞いて、現場監督もまったく同感。

新米現場監督。最初にどこの現場のどんな仕事をさすかというのは非常に考える。
お客さんに対して、 初めての若い監督を担当さすというのは失礼だし、不安を与える。

最初は、小さな仕事の職種が少ない現場を横に付き持って指導する。
次は、小さな仕事を見積から打ち合わせまでさす。
徐々に慣らしていく。

まかすとほったらかすの加減は非常に悩むところだ。

初めての現場を一生懸命する。
施主さんにその一生懸命さが伝わって、なんとかやりおえて、最後に施主さんから「頼んでよかったよ。」とか「また、頼むよとか。」「きれいに出来たね。」というお言葉を頂けると、監督は一皮むける。

いつもいつもそうはいかない。
出来た途端におしかり受けることもある。

今の時代。若い子は休みが欲しい。
自分が、現場担当しだすと、言わないのにこっそり日曜日に自主的に現場を見に行くようになる。

ちょっと成長し始めたかなと思う。

若い現場監督を育てるのは、社長でも、先輩でもない施主さん。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

archome

Author:archome
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。