2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TH大賞授賞式

TH大賞授賞式の写真がTHツール
リフォームマジックツール
メニューカタログ 2年間保存版に載っていた。
本人知らず。

20091024233047276_0001.jpg 20091024224958434_0001.jpg
古い話だが今年の2月19日。TH大賞授賞式で
挨拶をということになった。

「林幸稔建築設計事務所様、DAコーポレーション様 有難う御座います。
おかげさまでこんな賞を頂きました。
私ごとですが、昨年12月5日還暦を迎えたのですが、誰もお祝いしてくれませんでした。
このTH大賞がお祝いかなと思っております。(笑)
振り返ってみますと建設業界に38年 最初の8年はスーパーゼネコンでお世話になりました。次の10年はおじさんの所で、社長一人監督一人の経験をさせてもらいました。40でアークホームを立ち上げました。歳行ったらやめねばなぁ~と思ってました。20年間家内と二人朝の8時から夜中の2時まで年中無休でやってまいりました。こんな不器用な人間が38年よくもやってこれたなぁ~と思うのですが、うちは設計事務所登録していません。20年間で100軒建築家との家づくりをやってきました。同級生はスーパーゼネコンの重役になった者以外、定年を迎えています。50まで何でこんな商売してるのだろうと思ってました。
施主さんにはおしかり受けるし、設計事務所さんにはいじめられるし(笑)もっと他に良い職業ないかなぁ~と思ってました。
50過ぎて自分の職業にグズグス言うようだと自分の人生否定したことになるので、50過ぎから自分は良い職業についたなぁ~と思うようになりました。60が来て本当に良い職業についたなぁ~と思えるようになりました。
現在、これから事業承継をどうしていくか、80、100ひっくりかえるまで現場に出たいと思っております。
背広を着るのは、年に二日三日で非常に落ち着かないのですが、生涯現役で非常に良い職業についたな~、建設業って面白いなぁ~全国の建築家が、徳島にアークホームという妙な会社があるけれど、あそこと一回仕事してみたいな。そんな工務店になりたい と思います。どうも有難う御座いました。」

木下庸子さんの講評がうれしかった。
「、、、、、、、ただ施工を担当されたアークホームさんは大変苦労をされたと思います。、、、、、こういう建物は施工のサポートがなければ実現しないということを一設計者としては切実に感じております。、、、、、今後共設計者のサポートをして頂きたいという願いをこめて私のお祝いの言葉とさせていただきます。」

懇親会で「、、、大学の建築学科を出た学生が、地方の小工務店の現場監督をしたいという、教育をして下さい。(みんな設計をしたいという。)」とお願いしたのだが???
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

archome

Author:archome
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。