2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大工さん

不思議な事に、大工さん二人から久しぶりに電話があった。
Mさん。
「覚えてますか?Mです。何か仕事ないですか?」
20年前は、18歳。独身。
38歳になり子供が3人だとか。
当時、親方の娘と結婚した。今は、その親方としてなくて一人でしてるとか。

現在行ってるところは、大工が35組いるのでなかなか仕事が回ってこないらしい。
次があきそうだから、何かないかと?

Uさんから電話。私と同じ歳。
「耕ちゃん!なんぞないン?」
一緒にしてたころ「おまはん(私のこと)のように、めんどいこと言よったら仕事してくれる職人やおらんようになるぞ。」と言われてたのだけれど???

現在、5人の弟子がいるとか。

当方も只今5組の大工さんをメインに仕事を回している。
元請けは、協力業者のためにも次の仕事を準備しなければならない。

監督は、なかなか大工さんを変えれない。

はじめての大工さんとするのは、気心がしれないし、自分が仕事をしらなかったらなめられてしまうから、、、、

バブル以前は、今現場してもらってる大工さんに次の現場の相談をしてた。
バブルの時、地鎮祭がすんでるのに20組大工さんに電話しても見つからなかったことがある。

これから先、仕事を頼まれても大工さんがたらなくて仕事を断らなければいけない時代がくるなと思った。

当時徳島にできた大工学校木匠塾で、自社大工を育てようと思った。
大工をかかえてたら、否でも仕事が回ってくるだろうと、、、、

時代も10年たつと変わるものだ。

現在の仕事の落ち込みようで大工さんから何人も「仕事がないですか?」と電話がかかってくる。
社員大工をかかえてるところも、休んでもらわなければとおっしゃってた。

いろんな大工さんとするほどに監督の目も肥えていく。

職人さんへの要求度が高くなる。

職人の世界厳しいものだ。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

archome

Author:archome
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。