2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自立循環型住宅設計講習会

岡山に、自立循環型住宅設計講習会に行ってきた。
12:30~16:45 二回の休憩をはさんで みっちりと。
社団法人 岡山建築士会主催
財団法人 建築環境・省エネルギー機構後援
テキストは
自立循環型住宅への設計ガイドライン
エネルギー消費50%削減を目指す住宅設計
監修・国土交通省 国土技術政策総合研究所
独立行政法人 建築研究所
20081206220058735_0001.jpg
講師・環境研究グループ長 澤地孝男氏

290ページのテキスト。えらい堅苦しい言葉が続くけれど、講師が見事だった。
執筆者一覧の、全体調整 をした先生。

難しい話を小気味よく解説してくれた。言葉の歯切れがよかった。

・緻密な家を作る人が省エネに寄与する。
・世の中にルールがなかったら、前提条件をちょっと変えると、ころっと変わる。これからまともな時代になって、まっとうな物が普及する。
・供給するエネルギーをふやすより、使うエネルギーを減らす。
・省エネ効果を把握することが大事。
・絶対、私が設計する家は省エネになると言わない方が良い。
・コストも含めた設計の内容をどう見ているか?
・充填断熱と外張断熱 どっちが絶対にいいとは言えない。
、、、、、、、
13の要素技術

1.自然風の利用 2.昼光利用 3.太陽光発電 4.日射熱の利用 5.太陽熱給湯 6.断熱外皮計画 7.日射遮蔽手法 8.暖冷房設備計画 9.換気設備計画 10.給湯設備計画 11.照明設備計画 12.高効率家電機器の導入 13.水と生ゴミの処理と効率的利用 

知らないこと、勉強しなければいけないことはいくらでもあるようだ。

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

archome

Author:archome
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。