2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントニン・レイモンド

監督1名。研修旅行にでかけました。
日光にアントニン・レイモンドの建物を見に行く1泊2日のツアー。

企画はトラベルプラン。
数年前は重森三玲の庭を京都に見にいきました。

経費節減の折から夜行バスで今夜東京に。

夜の10時バスに乗ったかと
「バスは快適か?」のメールを送ったら
「まだですぅ。ビール、乗る前に買ってます。」

「酒のみぃ~」と送ったら
「私だけ、完璧に飲む体制になってるんですけど、乗客は爆睡モードで、一人、場違いっぽいです~

磯崎新 大高正人の建物も見学コースにはいってるのだけれど、わかっとるんかいな?

めざせ地域のかかりつけ工務店! 店長のブログ 久久に更新です。
スポンサーサイト

東みよし町

事務所から90km 高速道路利用して1時間30分。竣工前検査。

現場ではペンキ屋さんが仲良く仕事してました。自宅させて頂きました。
「寝てる間に、もしもの事があったらいけないから」と二人は同じお布団で寝てるそうです。
違う部屋で寝てる我が家では考えられません。
090301 006
この建物。樋無し。地中のネトロンパイプで排水です。
090301 007
徳島スタジオ アークホームで5つ目の林ワールド竣工物件。
090301 011 090301 010 090301 009
毎回 逃げのないシャープなディテール

住まいの設計4月号

住まいの設計4月号 156ページ
住宅コンテスト第19回TH大賞 載せて頂きました。
有難う御座います。
本屋さんで立ち読みして下さい。

たかが施工屋 施主さんに巡り合えて、建築家さんに巡り合えたおかげです。

オープンハウス

2月7日 徳島新聞ご覧下さい。
オープンハウスの告知させて頂いてます。
ARC020307.jpg

麻薬がきれた!

本買病の麻薬が切れた。
買ってしまった。
090109 069
安土城をつくる
良い勉強法悪い勉強法
明日のヒットを生む「先端技術
残業0のスピード仕事術
DVD&CD記録・コピー術
世界で一番やさしいRC・S造 設計編
世界で一番やさしいRC・S造 監理編
古建具・民家大全
最強ノート術

HOW TOもので人生を渡っている。
歴史書の一つでも読んだ方がいいのかもしれないが?

安土城だけの本を買いに寄ったのだが、ついつい手が伸びた。
本のテーマもうまいこと考えてるものだ。
だまされてしまう。

INAXデザインコンテスト

INAXデザインコンテスト
建築家の中でも、価値ある賞と認められているようです。
錚々たるメンバーが応募してるようです。

このたび、徳島のUさんが受賞されました。
おめでとう御座います。

残念ながら、当社施工物件 東京のSさん設計の多家良の家は最終審査六作品には残ったものの銅賞となったようです。リフォーム物件としては、ただひとつ最終審査に残ったようですが。

10年前Uさんにはじめてお会いしたとき、徳島で30代で、キラリと光る人が現れたと感じました。
当時、本ホームページにも掲載してるM&I邸をご紹介したとき、施主さんにも「10年たったら、売れっ子建築家になって、忙しくて設計してもらえないかもしれませんよ?」とお話したのが冗談でなくなってきたようです。

ちなみにUさんのブログに出てくるスタッフM1は愚息です。
そのせつはお世話になりました。

和のうるおい賞

第12回徳島市街づくりデザイン賞
和のうるおい賞を頂いた。
090109 039
090109 002
20090130224749108_0001.jpg
本日午後11時。市役所本館8階庁議室で表彰式。
市長さんより、盾と賞状を頂いた。
090109 016 090109 017

施工屋は、施主さんと建築家さんがいたから、頂けただけなのだが、悪い気はしない。
感謝。

広報とくしま2月1日号に載るようだ。
風游の家
090109 019 090109 020

木造住宅耐震講習会

今日は、木造住宅耐震講習会があった。
阿南市文化会館。徳島市内でも20日に開催されたのだが、駐車場のあるこちらの方を選んだ。
結構、市内の方が来てた。
100名予定が、130人くらいいただろうか?
わが社も、3名出席。
090109 023
講師がWさん、Hさん、Fさん。
Wさん、Fさんは施主さんでもある。
わが事務所の建物の基本設計はWさん、実施設計がFさん。
こんな方たちとおつきあいさせて頂いてるのを光栄に思う。

Wさんに会ってなかったら、独立してなかったと思う。

独立前、1年にWさんから二つ三つ、Fさんから二つ三つ、、、、、仕事があるな?
年間三つ四つだったら仕事があるかな?
勤め先がおじさんの所といえども、利益が少なかったら「お前、仕事したいんか?もうけしたいんか?」と言われてしまう。自分なりに納得出来たらなぁ、、、、という思いで独立した。
そんなに大上段にかまえて「さあ!独立するぞ!」などというものではなかった。

わが社のアークホームという名前も、Wさんが名づけ親。
良い名前をつけて頂いた。

先日はFさんの事務所も耐震リフォームさせて頂いた。早くホームページにアップしたいと思う。

今日のWさんの講義の中の、「、、、工学的判断、、、」という言葉が、耳に無性に残った。

打ち合わせ

予定では今年最後の建築家との打ち合わせ。
10時~3時。建築家が7日までに図面訂正して。21日見積提出。
建築家は大阪。いつも御一緒の愛媛出身の若い所員さん。今年の一級建築士試験。合格されたそうだ。おめでとう御座います。

お昼にまたいだので、食事を準備しようと思ったら施主さんの方が、手作り弁当を準備してくれていた。
R0013677.jpg
6人分。大変だったと思う。本当に本当に御馳走様でした。

器がサプライズ。2002年ワールドカップ 桝席?の時の弁当箱。ご家族4人。三試合行ったから、12個の弁当箱があるそうです。2段重ねに、持ち運び用?のバッグ付き。

建築士制度

建築士制度 についていけない。

確かに、一度試験に受かりさえすれば、更新もなく講習会を受けなくても一生いけてたというのは、甘すぎるところもあった。

先日構造の人と話してたら、鉄筋が22mm三本19mmが一本の時、施工図打ち合わせ段階で「19mmをいっそ22mmでします。」と言っても変更届けを出しなさいとか、エレベーターシャフトでエレベーターのメーカーが当初と変わって納まりの関係で梁をずらしても変更届けを出しなさいとか、、、、

(でたらめという意味での)いい加減と(本当に良いという意味での)いい加減の区別くらいは出来ないものだろうか?

施工屋にとっては、最初の図面チェックが厳しくて、変更が無いということは、現場をスムーズにすすめたり予算管理する上で良いことなのだけれど、そうは割り切れないのが現場。

«  | HOME |  »

プロフィール

archome

Author:archome
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。